解決実績多数!親身でわかりやすいと評判をいただいています。

会社設立について

 

会社設立のコンプリートパック

会社設立について
事業を新たに始める時に、個人事業でスタートをするのか、新たに会社を設立するのかは非常に迷うところです。
また会社法が改正され、現在では誰にでも簡単に会社を作ることができるようになりました。
しかし、とにかく会社の設立をするという安易な選択をするのではなく、しっかりと根拠を持って判断をしたいところです。
そこで株式会社にすることで具体的にどのようなメリットがあるのかを以下に解説いたしましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

会社設立にするメリット

 

●社会的信用の違い
会社は会社法などの法律の規制の中で設立の手続きがされ、会社の情報は法務局(登記所)に行けば、誰でも自由にその会社の内容を見ることができるので、個人と比較して取引の安全性が確保されています。
これらの点が、個人よりも会社の方が社会的に信用があるとされているところです。
また、各種保険が義務づけられていることで、優秀な人材を集めやすいことや、厚生年金や社会保険に事業主本人も加入できることなども個人事業と会社との違いになります。
その他、個人事業のケースで事業主が亡くなった場合には、それまでの信用や財産を継承することが難しく家族が事業を継承したとしても新たに信用を築いていかなくてはなりませんが、会社の場合は会社自体が死亡することはありませんので、そういった心配をする必要がありません。

 

●責任上の違い
個人事業の場合は、業績が悪化した場合に各債権者は、その個人事業主のすべての財産に対し債権の回収を実行してくることになります。要するに、事業を失敗した場合、個人事業主はすべての財産を失うことになります。 しかし、株式会社の場合、出資者は自分の出資した金額の範囲でしか責任をとる必要がありませんので、安心して出資することができ、また出資分に対し配当で応えることができるなど、出資者を募りやすくなっています。

 

●税法上の違い
個人の場合は超累進課税率をとっているために所得税、住民税を合わせると最高税率は50パーセントにもなりますが、会社の場合には原則30パーセントの均一課税のため、事業税を含めても約41パーセントで済むことになります。したがって利益が大きくなるほど会社のほうが税率面で有利ということになります。また個人事業に比べて必要経費にできる範囲が広く、生命保険や自動車、退職金など、経費として認められる幅が広くなるなど、節税面でもメリットがあります。

 

会社設立コンプリートパック(7万円)税別

★ 会社設立コンプリートパックのサービス内容 ★

 

会社設立のコンプリートパック

無料相談、会社の目的など、会社の各種内容の適正化、類似商号の調査、定款の作成、公証役場での定款認証手続き、各種書類の作成、法務局への会社設立登記の申請、設立手続き後の登記事項証明書の取得、その他一切の手続きサポート。

※当事務所は電子定款に対応しており、定款に貼る印紙代4万円が不要です。

 

小林信之介事務所の会社設立コンプリートパックは、会社設立の手続きにおいてお客様ご自身が公証役場や法務局に行く必要がありませんし、広告でよく見るような会計事務所との顧問契約を締結する必要もありませんので、とても便利でリーズナブルな、小林信之介事務所が自信を持ってお勧めできる特別なプランです。
なお詳細につきましては小林信之介事務所まで、お気軽にお問合せください。

 

コンテンツ

 

会社設立までのスケジュール

相続手続きコンプリートパック(10万円)税別

  

無料相談


会社設立についての専門家がお電話または実際にお会いしてご相談させていただきます。
お客様からの疑問や質問に回答させていただき、会社設立までの詳しい流れを丁寧に説明させていただきます。
なお、ご相談は一切無料になっておりますので、お気軽にご相談ください。

会社設立

相続手続きコンプリートパック(10万円)税別

  

ご依頼及び定款の作成


当事務所への会社設立のご依頼が決まりましたら、当事務所とお客様で、設立する会社のお名前、会社の住所、会社の事業目的などを相談しながら1つ1つ決定していきます。
お客様とのご相談の上決定した事項を基に定款を作成させていただきます。

会社設立

印鑑証明書の手配及び会社印鑑の作成

  

印鑑証明書の手配及び会社印鑑の作成


会社に出資される方や役員になる方の印鑑証明書をご用意していただきます。
また会社の実印となる印鑑の作成をお願いいたします。
準備が整いましたら、会社設立の登記に必要な各書類への押印をお願いいたします。

会社設立

定款の認証

  

定款の認証


当事務所が公証人役場で定款の認証手続きを行います。

会社設立

資本金の払い込み

  

資本金の払い込み


資本金を銀行口座に振り込んでいただいた後、その通帳のコピーをいただきます。

会社設立

設立登記の申請

  

設立登記の申請


当事務所が法務局へ会社設立登記の申請を行います。
設立登記を申請した日が会社の設立の日になります。

 

会社設立のコンプリートパック

 

小林信之介事務所では会社設立についてのご相談をいつでも無料でお受けしています。
会社設立のことで、不安に思ったことや疑問に感じたことがあれば、まずは当事務所までお気軽にご相談ください。

 

 

コンテンツ


 

 

教えてしんのすけくん!会社設立のQ&A

 

Q1

 

資本金の額が1円でもいいと聞いたのですが?

A1

 

株式会社の設立における資本金の額は1円からでも可能です。
ただし、無意味に少なくしてしまうと銀行から融資を受ける場合に実行される融資の額に支障が出る場合がありますし、取引先に対する信用力の面からも影響が出る可能性があります。
また、逆に資本金の額を1千万円以上にしてしまうと消費税の優遇処置が受けられなくなるなど、節税面で不利になることがありますので、資本金の額は慎重に決める必要があります。

 

 

Q1

 

定款とはなんですか?なぜ公証人の認証が必要なのですか?

A1

 

定款とは日本国における憲法のようなもので、会社の目的、内部組織、活動に関する根本規則を記載した書面で、会社を設立する場合には必ず作成しなければならない重要な書類のことです。
認証とは、定款の作成が正当な手続きによりされたことを公の機関が証明することで、その証明をする公の機関が公証人ということになります。
そして、公証人が定款を認証することで、作成された定款の内容の明確さを確保することになり、またその定款に関するトラブルや不正行為を未然に防止することになります。

 

 

コンテンツ



 
自己破産 任意整理 民事再生 過払い金返金 手続きの費用